外国為替取引のリスク

はじめに当社が提供する外国為替証拠金取引は、金融商品取引法に規定される店頭デリバティブ取引であり、元本および利益が保証された取引ではありません。また、取引される通貨の価格変動などにより損失が生じるおそれがあり、かつ、その損失の額がお客様の預託金額を上回るおそれがあります。

ここでは、FX取引に係る主要なリスクについてご説明させていただきます。なお、本記載がFX取引に生じる全てのリスクを示しているものではありません。

取引を開始されるにあたっては、本取引の仕組みやリスクを十分ご理解いただき、お客様自身の責任と判断で取引していただきますようお願いいたします。

(1) 相場変動リスク外国為替相場は24時間相場が変動しています。外国為替証拠金取引では、このような外国為替相場や金利がお客様の想定と逆の方向に動いた場合に、短期間のうちに差し入れた証拠金以上の損失が発生する可能性があります。お取引の結果、証拠金以上の損失が発生している場合には、損失相当額を清算するために別途の追加入金が必要となります。

(2) 金利変動リスク外国為替証拠金取引では、売り建てている通貨と買い建てている通貨の金利差調整額(スワップポイント)の受け払いが日々発生します。スワップポイントはそれぞれの通貨の短期金利に応じて日々変動するため、金利の動向によっては受け取りから支払いに転じるなど、取引を始める際に期待していたようなスワップポイントを受けられない場合があります。

金利の動向は、為替相場自体にも大きな影響を与えることがありますので注意が必要です。

(3) 流動性リスク外国為替証拠金取引では、マーケットの状況により、保有ポジションの決済や新規ポジションを買い建てる(又は売り建てる)ことが困難になることがあります。また、スプレッドは主に流動性に左右され、一般的に流動性が高い場合はスプレッドが狭く、逆に流動性が低い場合はスプレッドが広がりやすくなります。流動性の高低は通貨間でも大きな差があります。相場の急変動時、年末年始や国内外の祝祭日、日本時間早朝・深夜など市場参加者の少ない時間帯なども流動性が低下します。流動性の低い状況では、希望する価格で取引ができないなどの不利益を被ることがあります。

(4) システムリスクインターネットを利用した電子取引システムを通じて行なわれる外国為替証拠金取引では、お客様ご自身の通信機器の故障、電話回線等の障害、情報ベンダーの配信障害、あるいは電子取引システムそのものの障害など様々な原因で一時的または一定期間にわたって利用できない状況となる可能性があります。また、お客様ご自身による売買注文の誤入力等により、意図した注文が成立しない、あるいは意図しない注文が成立する可能性もあります。電子取引システム上の価格情報は、誤配および遅配による影響等により実勢と大きく乖離したレート提示となることがあります。こういった場合は、当該提示レートにより成立された取引であっても無効とさせていただく可能性があります。電子取引システム上で使用されるお客様ID・パスワード等の情報が窃盗、盗聴などにより第三者に漏洩した場合、その情報を第三者が悪用する事によりお客様に損失が生じる場合があります。

(5) 信用リスク当社における外国為替取引は、相対取引(OTC)によって行なわれ、当社がお客様の取引の相手方(カウンターパーティ) として行動します。そのため、当社の経営・財務状況や政治・経済・金融情勢などの変化、また当社ならびに当社が注文を発注する金融機関の信用状況の悪化等により、お客様が損失を被ることがあります。当社は、お客様からお預かりした資産の全てをお客様名義の信託口座に再預託 (区分管理) し、お客様資産の保全を図っておりますが、このことは当社が破綻した場合に、お預かりした資産の全額についてお客様が優先弁済を受けられることを必ずしも保証するものではありません。万一、当社が破綻した場合には、お客様は信託口座に再預託 (区分管理) された部分について優先的に弁済を受け、その他の部分については他の一般債権者と同列に扱われることになります。

(6) レバレッジ効果のリスク外国為替保証金取引では、レバレッジ効果(「てこ」の原理。小さな力で大きな作用を生む)を利用して取引を行えるため、少額の資金でも大きな資産価値の運用が可能となり、大きな利益効率が期待できる反面、相場が思惑に反した場合には損失の影響も大きくなります。お取引の建玉が増加すると価格変動等に対するリスクも相対的に大きくなり、わずかな値動きでも大きな損失を発生させる可能性があります。このように市場がお客様の建玉に対して一定の割合以上不利な方向に変動した場合、レバレッジの効果を下げるために、保有する一部または全部の建玉を決済するか、あるいは新たにご資金を預託していただく必要が生じることがあります。さらに市場がお客様のポジションに対し急激にかつ大きく不利な方向に変動した場合、お客様の損失の拡大を防止するため、お客様の保有する建玉の一部あるいは全部が強制的に決済される可能性もあります。